歯科治療恐怖症や顎と噛み合わせの不調、舌の痛み、口の乾燥などの歯科心身症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
   ・治療内容について
   ・治療費について
   ・病・医院の紹介
WEBカウンセリング
   ・治療内容について
   ・治療費について
医院紹介
    ・岡永歯科
    <心療歯科外来
    <顎と噛み合わせ外来
     <最新の歯科治療
    <歯科治療とカイロ
   
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

【岡永歯科の口コミ】
  

歯科治療恐怖症
・無痛治療   ・催眠療法    ・小児の治療   ・身障者歯科


よく、「お子様が、歯科治療が怖くて嫌がる」という相談をお母様から受けることがあします。まして、障害のあるお子様をお持ちのお母様であれば、そのお悩みは深刻なものだと思います。

そのようなお子様の治療には、お母様の理解と協力が是非とも必要です。特に歯科治療を嫌がるお子様のお母様にお願いします。

<治療を嫌がるお子様の歯科治療

実際の治療を始める前に、歯科医院に慣れてもらうことから始めます。最初は、歯科医院に遊びに来るようなつもりで、治療に使う道具や機械に慣れてもらい、治療室の様子を見るだけで何も治療をせず2〜3回来院してそのままお帰りください。その度に、お子様に歯の治療の話をすることが大切です。


 

治療をするようになった時は、お子様と治療室に入って、今までの経過、お子様の過去の病気、それに現在の身体の状況などを詳しくお話ください。その際、お子様にアレルギーとか特異体質、あるいは以前に小児科の先生に特に注意を受けたことがあれば、それもお話になってください。身体に障害をお持ちのお子様の場合、小児科の先生に紹介状を書いてもらうと良いでしょう。それによって、治療の方法や使う薬などを変えなければならないことがあるからです。

     

また、お母様の中には、「何回も通うのが大変だから、1回にたくさんの歯を直して欲しい」と言われる方があります。しかし、これは、お子様にとって非常に苦痛なことです。あまり長い間、おとなしく言うことを聞いて治療に協力してくれたお子様でも、やがて身体を動かしたり、あきてきたり、泣き出したりすることさえあります。ですから、お忙しいとは思いますが、お子様の場合、治療期間が長引くことをあらかじめご承知の上、来院ください。

 
なお、来院する時間帯は、幼いお子様の場合、できるだけ午前中に治療を受けるようにしてください。午後になりますとどうしてもお子様が疲れますし、治療を嫌がるようになります。特に昼寝時間などは禁物です。
 
 歯並び・噛み合わせ小児歯科矯正むし歯治療むし歯予防


<障害を持つお子様の歯科治療>

岡永歯科では、一般の歯科医療機関では対応困難な障害を持つ患者様の歯科治療を行っています。
 
障害がある患者様は、「歯科治療に対する適応の困難さ」や「医学的管理の困難さ」のため、歯科治療を受ける際には弱い立場にあるといえます。そこで、岡永歯科では、その疾患の特性、障害の特性、個人の特性に配慮した対応をもtって、スムーズに歯科治療ができるようにします。
また、歯科疾患によって、障害がいっそう重く複雑にならないように、歯科疾患の予防に努め、口腔保健の向上と自立の支援のお手伝いをします。
なお、障害の程度によっては、全身麻酔下での歯科治療が必要となるケースもあります。そのような場合、小児歯科があるこども病院をお勧めします(小児歯科があるこども病院のリンク集は、ここをクリック!)。

<受診時に必要なもの>
 保険証のほか、心身障害者医療証をご持参ください。

<実際の歯科治療>
 基本的には、一般の歯科治療と同様です。ただし、患者様と付き添いの方から十分に問診した上で診査し、治療計画を立て、十分に時間をかけて対応することを心がけて診療しています。        



               リラックス(無痛)治療の仔細は、ここをクリック!


舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】