小児矯正治療で子どもの顎関節症を防ぐ・治す

 


  よくある相談

 

岡永歯科に寄せられる相談の中から、よくあるものを紹介します。

歯並びが悪くなる原因は? 
 悪い歯並びの多くは、遺伝によるものですが、むし歯や生まれてからの生活習慣も大きな原因となります。たとえば、歯並びを悪くする原因として、以下のようなことが考えられます。
@歯と歯の間のむし歯や歯が早く抜けたりすることによる歯の移動
A指しゃぶりや頬づえをついたり、、爪や鉛筆をかむなどの子どもの悪い癖
Bやわらかい食べ物による顎の発育不良
 正しい歯並びは、噛む能力を高め、正しい発音を助け、顎の発達やバランスの良い顔の発育を促します。また、歯並びが悪くなると、むし歯や歯周病になりやすくなります。歯並びが悪くならないように、生活習慣を見直しましょう。

子ども(小学生)の前歯がでこぼこなので、矯正歯科治療をさせたいのですが?
 小学生のお子様だと、乳歯と永久歯の交換がまだ終了していない混合歯列の時期だと思います。
 奥歯でしっかり噛んだ状態で、上の前歯が下の前歯に1本でも入ってしまうようならば、早いうちから矯正歯科治療を考えた方が良いかと思います。
 小学生の場合、歯並びの状態にもよりますが、成長期の顎の発育が良好ですと、歯の位置が自然に動いて改善していく場合もあります。また、逆に、これから生えてくる歯の大きさや生え方によっては、噛み合わせや歯並びがもっと悪くなってしまうこともあります。
 いずれにせよ、矯正歯科治療が必要かどうか、いつごろ始めた方が良いかについては、歯科医に相談した方が良いかと思います。

開口で、矯正歯科治療を勧められたのですが?
 開口は、放っておくと上下の前歯の隙間が大きくなり、年齢が高くなるにつれて矯正歯科治療が難しくなる傾向にあります。
 開口になる原因には、@上下の前歯の間から舌を突き出す癖、Aアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、扁桃腺肥大などによる口呼吸などがあります。
 舌の悪い癖が影響している場合、舌を前に押し出さないようにする訓練や、それを意識づける取り外し式の装置を入れるなど、開口の原因から治していく必要があります。
 また、鼻やのどの病気による口呼吸がある場合には、耳鼻咽喉科での治療が必要になります。

受け口ぎみで矯正歯科治療を勧められたのですが?
 受け口は、成長とともに症状がひどくなる傾向にあります。また、顎の関節や口の筋肉、上下の顎の大きさや形などにも影響が現れます。
 そのため、治療は、顎の成長のコントロールしやすい早い時期に開始し、成長が止まるまでの経過観察と治療が必要となります。よって、受け口の矯正歯科治療は、長期戦となると考えてください。
 しかし、「大人になると、受け口の矯正歯科治療ができないか」と言うと、必ずしもそうではありません。ただし、顎の成長がコントロールしやすい子どものころに早期治療した方が、より効果的な結果が得られます。また、歯周病やむし歯、抜けている歯が多い、ブリッジが入っているなど口の状態が悪く治療が難しいケースもあります。

乳歯の噛み合わせは、放っておいても大丈夫ですか?
 「乳歯の噛み合わせが悪くても、どうせ生え換わるから放っておいても大丈夫だ」と考えている方もいます。果たして、そうでしょうか。
 通常、1歳半検診、3歳児検診のときに不正咬合のチェックがなされています。このときに指摘されるのは、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている反対咬合が多いかと思います。しかし、6〜7歳になって上の前歯が永久歯に生え換わる時、乳歯よりも少し前方に傾いて歯が生えてくるため、この時点で自然に治ってしあむこともあります。
 よって、前歯が永久歯に生え換わる時期が、矯正歯科に相談するタイミングのひとつと言えるでしょう。ただ、放置するのではなく。噛み合わせや歯並びに問題がないかを見極めましょう。
矯正歯科治療後の後戻りが心配なのですが?
 長い時間をかけて治療した歯が、少しずつもおtの位置に戻っていくことを後戻りと言います。これは、患者様や歯科医にとって、頭の痛い問題です。
 しかし、すべての患者様に後戻りが起こるわけではありません。矯正装置を外した跡に用いるリテーナーの使い方や、もともとの歯の状態など、個人差が大きいと言えるでしょう。
 後戻りを防ぎ、いつまでも奇麗な歯並びを保つには、歯科医から指示された期間はきちんとリテーナーを使うこと、そして治療後も歯科医の定期的なチェックを受けることをお勧めします。
矯正歯科治療で、頭痛・肩こりになると聞いたのですが?
 「矯正歯科治療をすることによって、頭痛・肩こりなどの症状がでることがある?」と患者様から聞かれることがあります。
 テンプレートを用いて顎関節症の治療を行っている全身咬合歯科医は、「矯正歯科治療によって、顎関節症になり、頭痛・肩こりなどの症状が出ることがある」という見解をとっています。
 しかし、矯正歯科医は、「矯正歯科治療によって、顎関節症になり、頭痛・肩こりなどの症状が出ることはない」という見解をとっています。彼らによれば、むしろ、矯正歯科治療をしたら、頭痛や肩こりが良くなったという患者様の声をよく聞くことがあるそうです。
 いずれにせよ、このような症状の原因が、噛み合わせだけでなく、精神的ストレスや疲労などを含む総合的な要因によって起こるため、ストレートに矯正歯科治療に結び付けて考えるのは早計かもしれません。


                          矯正歯科の詳細は、ここをクリック!

COPYRIGHT (c) OKANAGA Dental clinic. All rights reserved.