顎と噛み合わせの不調、舌の痛み、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
WEBカウンセリング
医院紹介
・岡永歯科クリニック案内
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

あなたの歯とお口の悩みは何ですか?
自己診断チェック

 神経系の病気

  口腔外科関連の神経系疾患としては、三叉神経痛、顔面神経麻痺、顔面筋痙攣な
 どがあげれます。


 @三叉神経痛

  顔面、前頭部の発作性の疼痛が三叉神経痛の特徴です。疼痛発作は、激しく、反
 射性痙攣(眼瞼痙攣)、流涙、皮膚の発赤、知覚過敏などを伴い、頑固で治りにくい ことが多いです。

  治療としては、原因が判明しているものに対しては、まずその治療を行ないます。
 原因が不明なもの、あるいは原因が判明しても治療ができないか、または直ちに疼
 痛の軽減しないものには、以下のような対象療法を行ないます。一般的には、テグレ
 トールが投与されます。当院では、その他にレーザー針治療を行ないます。針治療
 は、比較的良好な成績を収めています。しかし、それでも疼痛が軽減しないものに対
 しては、専門医による神経ブロックや手術が必要になる場合もあります。

  

歯の神経支配


 A顔面神経麻痺

  顔面神経麻痺では、顔面神経が侵され、顔面の筋肉が動かなくなります。末梢性
 のものであれば、眼を閉じることができず、口角は下がり、流涎します。中枢性のも
 のは、顔面上部は比較的保たれています。

  急性期の治療としては、温湿布を用い、ビタミンB1およびB2などの投与を行いま
 す。

  慢性期の治療としては、電気療法、マッサージなどの理学療法を行います。当院で
 は、その他にレーザー針治療をしています。


 B顔面筋痙攣

  顔面筋痙攣では、眼輪筋、頬筋などの顔面の筋肉が不随意に痙攣を繰り返しま
 す。片側に多いです。

  治療としては、原因を探し、これを除去するのが最も良いです。最近では、神経ブ
 ロックが行なわれていますが、当院ではレーザー針治療をしています。

 

  歯とお口の基礎知識          口内炎
  口腔カンジダ症             ウイルス感染症
  口腔ガン                 唾液腺の病気
  顎・顎関節の病気             神経系の病気




舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】