顎と噛み合わせの不調、舌の痛み、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
WEBカウンセリング
医院紹介
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

あなたの歯とお口の悩みは何ですか?
自己診断チェック

 口腔カンジダ症


  口腔カンジダ症は、カビ(真菌)の感染によって起こる病気で、鷲口瘡とも呼ばれ
 ています。原因となるカビは、カンジダ・アルビカンスと呼ばれるもので、正常な成人
 の口腔内にも見られます。ですから、この菌が見つかったからと言って、必ずしも病
 気であるとは言えません。口腔カンジダ症は、抵抗力のない乳幼児や老人に発生す
 ることが多く、全身的な疾患がある時、唾液の分泌が低下している時、義歯の状態
 が悪い時など口の中に問題がある時に起きます。当院では、ドライマウスの患者様
 に多く認められます。

  口腔カンジダ症で最も多いのは、カンジダ性口内炎です。エイズの患者の口の中
 にもカンジダ症がよく見られます。


 @カンジダ性口内炎

  カンジダ性口内炎は、口蓋、舌、口唇、頬などの口腔粘膜に白い苔のような小さな
 斑点として認められます。ガーゼや布でこすると、この苔は簡単に取れ、その下に光
 った赤い粘膜が見られます。この苔のようなクリーム状の斑点は、急激に口の中全
 体に広がります。

  治療としては、抗真菌剤(フロリードゲル、イトリゾール)が使われています。当院で
 は、その他に必要に応じて漢方薬やレーザ針治療など東洋医学を併用しています。

カンジダ性口内炎

      レーザー針治療

 Aエイズ

  HIVウイルスの感染によって起きるエイズ(後天性免疫不全症候群)の患者の口の
 中にカンジダ症がよく見られます。生体の免疫力が落ちているので、カビが増えても
 それを排除することができないのです。

  治療としては、抗真菌剤(フロリードゲル、イトリゾール)が使われています。

  歯とお口の基礎知識          口内炎
  口腔カンジダ症             ウイルス感染症
  口腔ガン                 唾液腺の病気
  顎・顎関節の病気           神経系の病気




舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】