本文へスキップ

岡永歯科のドライマウス外来

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.047-376-3503

〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9

カイロタイムス掲載論文ほか

健康「顎関節症治療に関する私見」・・・カイロタイムス第1号(2002年1月1日)

昨年の12月9日に、母校である神奈川歯科大学の学会において、カイロプラクティック等の理学療法を併用した顎関節症治療に関する発表をしたところ、学術奨励賞で神奈川歯科大学同窓会より表彰された。近年、顎関節症が増え、その治療に関する関心も高まってきたようだ。今回は、その時のポスター発表について書くことにする。
     
今回、発表した内容は、ケース・プレゼンテーション的なものではなく、自分で実際に治療した患者のカルテ(任意に50名を抽出した)を統計処理して、カイロプラクティック等の理学療法が顎関節症治療に果たす役割について検討したものである。
そして、その50名分のカルテについて、以下の項目の統計処理を行なった。
1)咀嚼筋等、顔面筋の筋肉に疼痛がないか?
2)顎の運動障害がないか?
3)脊椎に亜脱臼(※歪み)がないか?
その結果、ほとんどすべての患者に程度の差こそあれ、咀嚼筋等、顔面部の筋肉に疼痛があり、何らかの下顎の運動障害が認められた。そして、ほとんどすべての患者に、頸椎や胸椎等の亜脱臼が認められた。特に、頸椎に関して100%亜脱臼が認められたことは、興味深い結果である。下顎と頸椎の間に、何らかの関連性があるのかもしれない。
    
<脊椎の亜脱臼部位>
 頸椎のみ・・・4%
 頸椎と胸椎・・・58%
 頸椎と胸椎。腰椎・骨盤・・・38%
その結果を受け、以下の手順で実際に顎関節症の治療を行なってみた。
1)脊椎矯正(ただし、脊椎矯正の前に、頸椎の牽引を行なう)をする。
2)咀嚼院など、顔面部の筋肉に、赤外線治療、低周波治療を行なう。
3)スプリント(※プラスティック製の馬蹄形の装置)や噛み合わせの調整を行なう。
なお、ほとんどの患者(98%)において、歯ぎしりに対する対策として、夜間のみスプリントを使用した。
   
以上のように、実際に治療してみたところ、カイロプラクティック等の理学療法が有効でらることが判った。スプリントや噛み合わせの調整等の前に、カイロプラクティック等の理学療法を併用してみて効果が認められない症例は一例も無かった。顎関節症のマニュピュレーションには、パンピングマニュピュレーションと言う麻酔を併用する術式があるが、麻酔を併用する必要が無くなった。また、筋肉がリラックスした状態でスプリントや噛み合わせの調整を行なうので、それらの治療がスムーズに進み、トラブルが激減した。
少ない臨床例ではあるが、以上より、顎関節症の治療において、カイロプラクティック等の理学療法を併用することの有効性が示唆された。今後、顎関節症治療における理学療法の位置づけを見直し、それらの治療を積極的に採り入れていくべきである。


タフツ大学頭蓋顔面痛センター・・・新聞クイント(平成15年1月10日)

顎が痛い、口が開かない

顎関節症治療最前

米国タフツ大学に頭蓋顔面痛センター開設
       [ボストン発]10月25日(金)、
米国ボストン市のタフツ大学歯学部に新たに頭蓋顔面痛センターが設立された。
同センターは、学際的な専門家チームを擁することをうたっており、その範囲は歯学にとどまらず、医学神経学、心理学、物理療法学やカイロプラクティック鍼灸療法とあらゆるアプローチから頭蓋顔面痛の研究を目指している。
タフツ大学によると、同センターでは、伝統的な診査方法や顎関節障害に対する従来の治療法にどんどん新しいアプローチを取り入れていくことを目標に掲げている。さらに、CTスキャンやMRI解析法などの最新の物理療法を疼痛のコントロールに適応したり、治療の範囲を頭痛、首痛、睡眠時の無呼吸、ストレス管理に広げて研究を進めていく予定としている。
<院長岡永覚のコメント>
 このような米国の動向は、私、岡永覚にとって非常に心強いものでした。同センターが私と同じものを目指していることを知り、自信を持ちました。私のような歯科医師は、まだ日本では少数ですが、地道に研究を続け、学会にも発表しています。平成12年には母校の神奈川歯科大学より学術奨励賞で表彰されました。

健康110番・・・日刊現代(2000年2月24日)

歯とあごの病気に関するトラブルを無料で
   岡永歯科医院(千葉県市川市)047−376−3503
虫歯から歯周病、入れ歯やかみ合わせのトラブルまで、歯と顎に関する無料電話相談窓口がここ。
「最近、多いのが、顎の異常に関する相談です。”顎(がく)関節症”というあごの病気にかかる患者が増えているのです。口を開けると『痛い』『関節が鳴る』『口が開かない』などが主な症状ですが、首や肩の凝り,頭痛、顔痛、自律神経失調症などの全身症状を伴った深刻なものも少なくありません。患者の多くは歯科医のほか整形外科など複数の医者の診断を受けていて、適切な診断がされないまま、症状が改善されない症状が改善しないことを悩んでいます。中には誤った治療を受けて、悪化させている人もいます。」(岡永覚院長)
日本人の300万〜500万人がこの病気で悩んでいるといわれるにもかかわらず、あごの病気だと知らない人も多い。「私は歯科医師ですが、カイロプラクター、心理士(日本心理学会認定)の資格を持っているので、偏りのない中立の立場で相談に対応できると思います。」(岡永覚院長)
月〜土のAM10〜PM9(PM1〜3は昼休み、土はPM2まで、水は休診)。診療時間対応なので、ファックス(電話番号と同じ)やEメール(info@okanagasika.com)で相談するのも手だ。

※現在は、相談件数が増え、診療に支障がでるようになったので、ファックス、Eメールによる相談のみ受け付けています。

Okanaga Dental Clinic岡永歯科

〒272-0015
千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL 047-376-3503
FAX 047-376-3503