舌の痛み、顎と噛み合わせの不調、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
   ・治療内容について
   ・治療費について
   ・病・医院の紹介
WEBカウンセリング
   ・治療内容について
   ・治療費について
医院紹介
   ・岡永歯科
    <心療歯科外来
    <顎と噛み合わせ外来
    <最新の歯科治療
    <歯科治療とカイロ
   
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

【岡永歯科の口コミ】
  

よくある質問・相談

むし歯の予防

 むし歯予防


よく、むし歯の治療が怖くて歯科医院に来られないという歯科治療恐怖症の患者さんから相談を受けます。しかし、その場合、むしろむし歯を放置してひどくするよりも、予防した方が良いのではないでしょうか。
そこで、岡永歯科では、そのような患者様に対して、フッ素やシーラントなどのむし歯予防をお勧めしています。

    フッ素塗布


フッ素塗布は、歯科医師や歯科衛生士が行います。フッ素を塗る時期も、「歯が生えたらすぐに」が原則ですが、具体的に「いつ、どのように塗るか」は、歯科医師に相談します。

子供の頃は、次々と乳歯が抜け、新しい永久歯が生えてくるので、定期的に年2〜6回くらい塗るのが適当です。

下の写真は、歯ブラシでゲル状のフッ素を塗っています。歯ブラシのため、不安感が少なく、短時間で済むので、特に幼児に向いています。

              

その他に、フッ素溶液で綿球を使った塗布法が多く用いられています。

フッ素を塗ると、歯が黒くなるという声もありますが、むし歯予防にフッ素液で歯が黒くなることはありません。歯が黒くなるのは、むし歯の進行を止めるために用いるサホライド(フッ化ジアンミン銀)という液を使った場合です。

   

    シーラント


フッ素塗布に、シーラントを併用すると効果的です。初期のむし歯(奥歯)を選択してシーラントを行います。
    

小児歯科の詳細は、ここをクリック!




舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】