舌の痛み、顎と噛み合わせの不調、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
   ・治療内容について 
   ・治療費について
   ・病・医院の紹介
WEBカウンセリング
   ・治療内容について
   ・治療費について
医院紹介
   ・岡永歯科
    <心療歯科外来
    <顎と噛み合わせ外来
    <最新の歯科治療
    <歯科治療とカイロ
   
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

【岡永歯科の口コミ】
  

よくある質問・相談

認知症患者の歯科治療?

 

 

 

 

認知症と歯科治療        

 

 

 

認知症患者の歯を治す意義?

第25回保団連医療研究集会のシンポジウム「認知症高齢者の介護と人権」に参加して、歯科医師として考えさせられました。

認知症の人と家族の会の勝田登志子氏によれば、認知症の患者様が認知症以外の病気に懸かって治療を受ける場合、受け入れてくれる医療機関を探すのが大変だそうです。この問題は、歯科医師としても無視できない問題です。

幸い、私の診療所は、心療歯科に長く取り組んできた実績もあり、認知症の患者様を受け入れることは充分可能だと思います(ただし、ご家族などの付き添いで通院可能な患者様に限って、予約診療で対応させていただきます)。

よく、「認知症なのだから、歯なんか治さないで良い」と言う方がいらっしゃいますが、ほんとうに、そうなのでしょうか。確かに、重症化した認知症の場合、治療が困難かもしれません。しかし、治療ができる状態ならば、治療した方が良いと思います。認知症にも良い影響がありますから(介護予防の観点からも、お勧めします)。

@    「噛む機能が維持されている高齢者の方が、認知症になりにくい」という報告があります。噛む機能に問題がある高齢者は、認知症になるリスクが高いようです。

A    「残っている歯が多い高齢者の方が、認知症になりにくい」という報告があります。歯がないまま放置している高齢者は、認知症になるリスクが高いようです。

B    「口腔ケアをした方が、認知症の進行が遅い」という報告があります。

歯科だけでなく、介護予防の観点からも、認知症の患者様に歯科治療を受けることをお勧めします




舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】