舌の痛み、顎と噛み合わせの不調、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
WEBカウンセリング
医院紹介
 
訪問歯科診療
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来
 
<岡永歯科 口腔外科サイト>歯科・口腔外科などの情報
 
<美容歯科治療>セルフホワイトニングのトラブル、クレームに関する情報
 
金属アレルギーの方はこちら
よくある質問・相談

高齢者者の心理的課題

 

 

 

 

老人性鬱と認知症        

 

 

 

高齢者の心と身体

高齢者の心理的課題と言うと、老人性鬱と認知症が挙げられます。そして、心理的側面と生理的側面が相互に影響しあうことも高齢者に見られる特色です。。

人間の生活機能は、「参加」、「活動」、「身体構造・機能」と言う3つの側面からなり、それぞれの側面は相互の関係にあります。疾病や老化の進行により「身体構造・機能」→「活動」→「参加」の方向で生活機能が落ちていきます。しかし、高齢者の場合、「身体構造・機能」に障害がなくても、「参加」→「活動」→「身体構造・機能」の方向で生活機能が落ちることがあります。「閉じこもり」になると、その方向に向かい、障害のリスクが高まります。社会参加や生活活動が不活発になると、「廃用性」に心理機能が低下するのです。また、高齢者における心理的な問題として「鬱」が挙げられます。「鬱」も、「参加」→「活動」→「身体構造・機能」の方向を促進して障害のリスクを高めます。
   

また、「認知症なのだから、歯なんか治さないで良い」と言う方がいらっしゃいますが、ほんとうに、そうなのでしょうか。確かに、重症化した認知症の場合、治療が困難かもしれません。しかし、治療ができる状態ならば、治療した方が良いと思います。認知症にも良い影響がありますから(介護予防の観点からも、お勧めします)。

@    「噛む機能が維持されている高齢者の方が、認知症になりにくい」という報告があります。噛む機能に問題がある高齢者は、認知症になるリスクが高いようです。

A    「残っている歯が多い高齢者の方が、認知症になりにくい」という報告があります。歯がないまま放置している高齢者は、認知症になるリスクが高いようです。

B    「口腔ケアをした方が、認知症の進行が遅い」という報告があります。

歯科だけでなく、介護予防の観点からも、認知症の患者様に歯科治療を受けることをお勧めします






舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】