舌の痛み、顎と噛み合わせの不調、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
   ・治療内容について
   ・治療費について
   ・病・医院の紹介
WEBカウンセリング
   ・治療内容について
   ・治療費について
医院紹介
   ・岡永歯科
    <心療歯科外来
    <顎と噛み合わせ外来
    <最新の歯科治療
    <歯科治療とカイロ
   
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

【岡永歯科の口コミ】
  

よくある質問・相談

歯の治療が怖い?

 リラックス治療(無痛治療)


よく、歯科治療が怖くて受けられないという歯科治療恐怖症の患者さんから相談を受けます。
しかし、歯科治療恐怖症であっても、歯科治療は受けなければならないのです。
そこで、岡永歯科では、痛みなどに対する恐怖心のために歯科治療が受けられなくて困っている患者さんに対して、下記のような無痛治療を行っています。

● リラックスしながら治療が受けられるように配慮した歯科治療

 最近、歯科治療恐怖症に対して、鎮静療法を併用した歯科治療が広く行なわれるようになりました。鎮静療法には、笑気ガスを用いた吸入鎮静療法とホリゾン、ドルミカム、ディプリバンなどの薬剤を用いた静脈内鎮静療法があります。そして、静脈内鎮静療法の方が、吸入鎮静方よりも鎮静効果が高いため、用いられる機会が多いようです。しかし、静脈内鎮静療法は、入院設備が整った大学付属病院などで麻酔医が全身管理を行ないながらする必要があるので、一般の歯科医院では受けることができません。

 そこで、岡永歯科では、もっと身体に負担がかからない鎮静療法、心療歯科的アプローチを提案します。まず、心理テストを行い、不安などのストレスを調べ、カウンセリングを行ないます。そして、抗不安薬などの鎮静療法の治療計画を立て、歯科治療を行ないます。通常の場合、抗不安薬などの経口投与によって、うつら、うつらしたリラックスした状態で歯科治療を受けることができるようになります。

しかし、患者様の中には、抗不安薬などに抵抗感がある方もいらっしゃいます。そのような患者様には、無針電極刺激麻酔をお勧めします。この方法だけでは、麻酔効果は不十分で通常の麻酔を併用しますが、十分に鎮静効果が得られます。

                


また、歯を削る時の音などが気になる患者様には、ボイジャーエクセルを使ってリラックスした状態で歯の治療をします。ボイジャーエクセルは、ゴーグルから発生する光の点滅とヘッドホンから聞こえるパルス音を利用して脳波を誘導する装置です。この装置を利用して、深いリラックス効果が得られます。
        

   

● 心理療法

 歯科治療時の緊張が強く、治療が受けられない患者様に対しては、必要に応じてリラックスできるようにカウンセリングや催眠療法などの心理療法を併用しています(抗不安薬などの薬物療法と併用する場合が多いです)。

心療歯科の詳細は、ここをクリック!




舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】