舌の痛み、顎と噛み合わせの不調、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
   ・治療内容について
   ・治療費について
   ・病・医院の紹介
WEBカウンセリング
   ・治療内容について
   ・治療費について
医院紹介
   ・岡永歯科
    <心療歯科外来
    <顎と噛み合わせ外来
    <最新の歯科治療
    <歯科治療とカイロ
   
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

【岡永歯科の口コミ】
  

よくある質問・相談

いびき(睡眠時無呼吸症候群)の歯科治療

 いびきの歯科的アプローチ

 

 
  いびきの歯科治療というと、何かと思われる方も少なくないかと思います。最近、睡眠時無呼吸症候群といういびきによる不眠症の患者さんが増えています。何分、睡眠時ということもあり、患者さん本人が自覚できないことが多いようです。次のような症状がある方は、要チェックです。

1)大きないびきを断続的にかく?
2)日中、突然強烈な眠気に襲われる?
3)睡眠中に激しくもがく?
4)夜中に何度もトイレに立つ?
5)朝、起きた時に頭痛がする?
6)イライラして意欲や協調性が失われるなど、性格が変わる?
7)寝ている時に、窒息感を感じる?

 鼻詰まり等の耳鼻科疾患によらない睡眠時無呼吸症候群の患者さんの場合、いびき治療用マウスピースが有効です。
 このいびき治療用マウスピースは、安全かつ経済的な治療法で、以下のような患者さんに有効です。いびき改善で、心も体も健康になりましょう!

また、いびきの患者さんには、上顎前突症や過蓋咬合が多く認められます。このようなかみ合わせを矯正治療することによって、いびきが軽減することがあります。

上顎前突

 

過蓋咬合

>

<いびき治療用マウスピースのセルフチェック>


 まず、仰向けに寝て軽く口を閉じた状態で鼻で数回呼吸してみましょう。そして、次に顎を前に数ミリ移動した状態で口を閉じ、鼻で数回呼吸してみましょう。
 比較してみて如何ですか。もしも、顎を前に移動して呼吸が楽になるようならば、いびき治療用マウスピースにより「いびき」が軽減すると考えてよいでしょう。

<いびきと歯ぎしり>


 睡眠時無呼吸症候群と歯ぎしり(ブラキシズム)の関連性を示唆するいくつかの研究報告があります。

@   睡眠実験室において、睡眠時無呼吸症候群の患者の無呼吸と歯ぎしりを測定した研究によると、歯ぎしりの多く(68%)は無呼吸とともに観察されたそうです。

A   睡眠時無呼吸症候群の患者を臨床的に評価した結果、歯ぎしりをしている者の割合が高かった(50〜82%)そうです。

睡眠時無呼吸症候群と歯ぎしりの関連性は、科学的にはまだ解明されていません。しかし、睡眠時無呼吸症候群と歯ぎしりを併発している患者が多い以上、総合的に治療を進めていかなければならないと思います。


上の写真は、歯ぎしり用の上顎のナイトガードです。通常の歯ぎしりの場合、このようなナイトガードを就寝時に使用します。しかし、歯ぎしりの患者様の中には、いびきで困っている方も意外と多いのです。岡永歯科では、そのような患者様に対して、ナイトガードを上・下顎に作り、かみ合わせを調整して固定するようにしています(その際、ナイトガードが、スリープ・スプリントとしても機能するように上・下顎のナイトガードを固定します)。

以上のように作った上・下顎のナイトガードは、スリープ・スプリントの機能を兼ね備えたもので、歯ぎしりといびきに効果があります。言い換えるならば、歯ぎしり・いびき用ナイトガードです。

保険でスリープ・スプリントを作ろうとすると、病院に入院して睡眠時無呼吸症候群の確定診断を受けなければなりません。結構、面倒なのです。そこで、岡永歯科では、重症ないびき(睡眠時無呼吸症候群)でない患者様には歯ぎしり・いびき用ナイトガードをお勧めしております。

いびきの詳細は、ここをクリック! 




舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】