顎と噛み合わせの不調、舌の痛み、口の乾燥などの歯科心身症、歯科治療恐怖症でお悩みの方の相談室
歯とおロの悩み相談室
主催: 岡永歯科
HOME / 歯とお口の悩み相談室
舌痛症 舌の痛み
歯とお口の悩みは何ですか?
顎と噛み合わせの不調
舌の痛み、口の乾燥
歯科治療恐怖症
よくある質問
   ・治療内容について 
   ・治療費について
   ・病・医院の紹介
WEBカウンセリング
   ・治療内容について
   ・治療費について
医院紹介
   ・岡永歯科
   <心療歯科外来
   <顎と噛み合わせ外来
   <最新の歯科治療
   <歯科治療とカイロ
 
院長のブログ
 
院長のブログ
 
ドライマウス外来

【岡永歯科の口コミ】
  

顎と噛み合わせの不調
・顎関節症(歯軋り)  ・矯正歯科治療  ・きれいな歯並びに  ・咬合関連症候群


あごの不調の原因して、「歯軋り」、が挙げられます。ほぼ100%の人が歯軋りを行っており、顎関節症の50〜70%は歯軋りが関与していると言われています。その他にも、歯軋りによって、歯痛、歯の磨耗、歯が欠ける、歯周病の悪化等の病気が起きます。約18%の人が、このような病気になる激しい歯軋りをしているそうです。
下記では「顎関節症(歯軋り)」の症例を載せています。

顎関節症(歯軋り)

よく見られる症状

顎関節症という病気について考えてみましょう。
原因は、噛み合わせ、ブラキスズム(※歯軋り)、ストレス等の各種要因が絡み合って起こります。症状は、口が開きにくい、口を開けると痛い、口を開けると音がする、口を開け閉めすると顎がずれる等の局所症状の他、首・肩がこる、顔半分が何となく痛い、腰が痛い、手足の関節が痛い、手足の指先の血のめぐりが悪くなる、背骨が湾曲する、顔が歪んでくる、姿勢が悪くなる等多くの全身症状を併せ持っています。
また、めまい、耳鳴り、不眠症、ブラキシズム等のように、ストレスの関与を疑わせる症状を伴うことも少なくありません。

原因

顎関節症の症状の原因を整理すると、大きく次の6グループに分けられます。

1) 歯科補綴治療(※入れ歯や冠)のトラブル
  歯を削ってブリッジ等を入れたら、顎がずれて噛めなくなり、顎関節症になった。
2) 歯科矯正治療のトラブル
  歯並びを治すように勧められ、歯科矯正の治療を受けたら顎関節症になった。
3) 咬合(※噛み合わせ)調整のトラブル
  顎関節症と診断され、歯を削って噛み合わせの調整をしたところ、さらに悪化した。
4) スプリント(※プラスティックでできた馬蹄形の装置)のトラブル
  顎関節症と診断され、スプリントを入れて治療しているが、一向に良くならないではないか。
5) 家庭療法のトラブル
  「歯ぎしりをやめましょう」とか、「正しい顎の運動をしましょう」とかだけ言われても無理だし、治らないと思う。
6) 手技療法のトラブル
  カイロプラクティックの治療を受け、顎関節を矯正したら、上下の歯が噛み合わなくなった。


治療法

実際に調べてみると、顎関節症に悩む多くの患者に、程度の差こそあれ、咀嚼筋等顔面部の筋肉に違和感や痛みがあり、何らかの下顎の運動障害が認められた。
そして、ほとんどすべての患者に、頚椎や胸椎等の亜脱臼(※歪み)が認められた。
次に、理学療法、顎関節のマニュピュレーション、カイロプラクティック、各種物理療法、を併用して治療する場合、下記のような治療方法があります。


◆脊椎矯正
(ただし、頚椎の矯正の前に、頚椎の牽引を行う)

● 脊椎矯正
1) 脊椎起立筋、僧帽筋等の術前の押圧及び物理療法
2) 頚椎を除く脊椎矯正
3) 頚椎のモーションパルペーション
4) 頚椎の牽引
5) 頚椎の矯正
  脊椎矯正


◆咀嚼筋等顔面部の筋肉に赤外線治療、低周波 治療
1) 顔面部への赤外線照射
2) 顔面部、頸部の圧痛点への低周波治療
 
赤外線治療、低周波 治療


◆顎関節のストレッチ

● 顎関節のストレッチ
1) 顎関節の運動テスト
2) 顎関節のストレッチ
  顎関節のマニュピュレーション


◆スプリントや咬合(噛み合わせ)の調整
 
スプリントや咬合の調整



                 ◆顎関節症(歯軋り)の仔細は、ここをクリック!
                 歯並びのセルフチェックは、ここをクリック!


舌の痛み 舌痛症 ドライマウス 舌炎 口腔カンジタ症 あご 噛み合わせ 治療 症状 病院 顎関節症 咬合関連症候群 歯軋り 矯正歯科
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-11-9
TEL:047-376-3503 
Copyright (c) 2005 okanaga dental clinic. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】